ペット名刺で楽しく我が家のペットを紹介

Pocket

うちの子が一番かわいいと思うのは度の飼い主さんでも同じです。うちの家族の一員となっているこの子が一番かわいいと感じているでしょう。そんなかわいい今のペットを、名刺の中に写真として残しておけるというのもペット名刺の素敵なところです。

ポップペット名刺の種類は多数あり、例えば、ブラックレースでちょっと大人っぽいものや、お菓子を連想するようなかわいくてキュートな名刺、また写真がとても生える背景が無地のシンプルな名刺も魅力的です。

ペット名刺飼い主さん同士のコミュニケーションにも利用できますし、お子様がお友達に自分のペットを紹介するときにも利用できます。ドッグランなどに行ったときなど、知り合いになった方に、我が家の自慢の愛犬をペット名刺で覚えてもらうという事でもいいでしょう。

ペット名刺は手作りする名刺とは違い、インターネット等で作るものは本格的なものです。プロが作る名刺となるので、自慢の一品となります。様々な種類の中からペットが一番輝く名刺を選んで作ってみてください。

 

名刺の水玉模様は配色次第で多く変化する

水玉模様の名刺は、女性に用いられる事が多いです。基本的に名刺の下地の色は自由に選べますので、配色次第ではとても可愛らしい印象を与える事が可能なのです。例えば、下地がピンク色で水玉模様の水玉が白色のケースです。やはりピンク色へのイメージなどにより、全体的に可愛らしい印象を与える事が可能です。

名刺の表面にはあなたの名前を印字して、裏面に会社情報を載せるパターンが多いです。何もピンクに限りません。下地が黒で水玉が白色の配色も非常に可愛らしく見えるものです。さらに、ピンク色のラインを入れると可愛らしさが際立って見えるものです。

では、水玉模様は女性だけが用いるべきなのでしょうか。実は男性向けの水玉模様も有ります。

ある名刺などは、名刺の上部8割は水玉模様が占めています。下地は白色です。しかし、水玉の色が上から下に移るにつれて徐々に変化していきます。上の方の水玉は青系統で、下に進むにつれて緑色になります。真ん中辺りで黄色になり、さらに下に進むとオレンジ色になります。最終的には赤になります。このようなタイプは、どちらかというと男性向けの印象が強いですね。

名刺の水玉模様といっても、このように配色次第で相手に与える印象は大きく変わるのです。

 

名刺のデザインはいろいろ

名刺といえば昔は、ほとんど同じようなデザインばかりでしたが、最近は、いろいろなデザインのものが増えていますね。オーソドックスなデザインといえばやはり縦用紙に縦書きで、基本モノクロで、せいぜいマークだけに色が入っている程度のものでしょう。

凝ったデザインのものは何となく横用紙に横書きのものが多いような気がします。また、小ロット印刷も発達していくつかのデザインを場合によって使い分けている人や会社もあるようです。

たとえば、役所、銀行など堅めのお客様では、縦用紙縦書きのオーソドックスなものを使い、自社をよりアピールしたい場では、凝ったデザインで色刷りのものを使うといった具合です。

プリンターや用紙も発達しているので作成も印刷業者に頼まずに自分で作るという会社も増えているようです。我が社も昨年までは自社内で作成していました。内作の良いところは、記載内容に融通が利く。少部数で作れる。費用が安くなる。などがあげられますが、わがままな要望が増える。場合によっては割高になる。などのよくない面もあります。

我が社の場合は、人数が増えてきて、担当者の負担が大きくなってきたので印刷業者に委託することにしました。いずれにしても自社らしさをきちんと伝えるツールとして活用できる名刺がよいですね。