ペット名刺以外のグッズもかわいい

Pocket

ペット名刺を製造販売しているサイトでは、ペット免許証なるものも販売されています。このペット免許証はペット名刺として利用できるもので、ペットの名前、住所、生年月日などが記されています。

ペット免許証にはペットがまるで本当に免許を保持している動物といった感じで、人間の免許証と同じように写真が掲載されていて、非常に楽しい造りになっています。人の免許証の場合、免許証番号のほかにいろいろなことが記載されていますが、ワンちゃんの犬種や毛の色、体重やそのほか一言が添えられていたりします。例えば、ダイエット中といった言葉です。

骨ペット名刺はこのように、非常に楽しい作りとなっていて、そのほかにも、ワンちゃんが大好きな骨のかわいいポップな模様が写真とともにアレンジされてデザインされていたり、飼い主さんがかわいいと思う表情のペット写真を利用する事ができます。

このほかにも、ペットの健康手帳やマグカップ、湯飲みなど、ペットグッズなどが充実しているネットショップも多いので、是非、素敵なペットグッズを集めてみてください。ペットと常に一緒という飼い主さんが外出されるとき、ペット名刺を持っていけば人気ものになれること間違いなしです。

名刺には幾つかパターンがある

名刺には、やはりテンプレートは存在します。幾つかの名刺を見ていくとお気づきになりますが、何種類かパターンが有るものです。例えば、縦にするか横にするかです。名刺の多くは長方形ですが、横長にして読まないと字が読めないタイプと縦長にしなければ読めないタイプに大別されます。私が今まで見てきたタイプは、おおむね横長タイプですね。

また、名刺会社によっては会社の業種によってジャンル分けしている所も有ります。それぞれの業種によって適切なデザインが有るという考え方によるものです。また、名刺によってはカラー印刷がされるタイプも有ります。しかし、わざとモノクロにするのも一つの作戦なのです。

配色を考える事はポップなデザインを演出したり、強調したい箇所の色を変えるなどのテクニックとしては確かに有効です。しかし、モノクロ印刷にしてみるとクールな感覚を相手に与える事も可能なのです。このため、モノクロ印刷タイプというテンプレートも存在してきます。

なお、ここに書いた事はあくまでも一例に過ぎません。名刺会社によって、テンプレートはそれぞれ異なってジャンル分けされているというわけです。ある程度パターンを覚えておくと、相手の名刺のデザインの選別眼も養われるものです。名刺を作成する時に限らず、幾つか覚えておくと実務にも役に立つものです。

 

名刺を整理する方法について

沢山名刺が集まったら整理を行うようにしてください。整理をすることによって名簿のように活用することができます。いざというときに非常に役立ちます。

名刺専用のホルダーがありますのでそれを使ってみてください。これは名刺にパンチで穴を開けてそれをホルダーに入れて使います。そしてあいうえお順に見出しなどをつけておくことによってより見やすくすることができるのです。

そしてもう一つ名刺を整理する方法があります。それはパソコンとスキャナを使った整理方法です。スキャナで名刺を取り込んでパソコンで管理をします。いちいち打ち込むのは非常に面倒なな作業ですが、スキャナで取りこみをすることによってその手間を省くことができるのです。印刷されている文字が全て読み込まれてテキストに変換されるのです。人間が打ち込みをするのとは違って打ち間違いなどもありません。メールアドレスなどを打ち込みするときの苦労をかなり軽減してくれるのでスキャナとパソコンを使った管理もお奨めです。これで年賀状やお知らせなどを送りやすくすることができます。名刺はただもらっただけでは意味がありません。ちゃんと整理をするからこそ使いやすいツールとなるのです。