月別アーカイブ: 2016年11月

ペット名刺以外のグッズもかわいい

ペット名刺を製造販売しているサイトでは、ペット免許証なるものも販売されています。このペット免許証はペット名刺として利用できるもので、ペットの名前、住所、生年月日などが記されています。

ペット免許証にはペットがまるで本当に免許を保持している動物といった感じで、人間の免許証と同じように写真が掲載されていて、非常に楽しい造りになっています。人の免許証の場合、免許証番号のほかにいろいろなことが記載されていますが、ワンちゃんの犬種や毛の色、体重やそのほか一言が添えられていたりします。例えば、ダイエット中といった言葉です。

骨ペット名刺はこのように、非常に楽しい作りとなっていて、そのほかにも、ワンちゃんが大好きな骨のかわいいポップな模様が写真とともにアレンジされてデザインされていたり、飼い主さんがかわいいと思う表情のペット写真を利用する事ができます。

このほかにも、ペットの健康手帳やマグカップ、湯飲みなど、ペットグッズなどが充実しているネットショップも多いので、是非、素敵なペットグッズを集めてみてください。ペットと常に一緒という飼い主さんが外出されるとき、ペット名刺を持っていけば人気ものになれること間違いなしです。

名刺には幾つかパターンがある

名刺には、やはりテンプレートは存在します。幾つかの名刺を見ていくとお気づきになりますが、何種類かパターンが有るものです。例えば、縦にするか横にするかです。名刺の多くは長方形ですが、横長にして読まないと字が読めないタイプと縦長にしなければ読めないタイプに大別されます。私が今まで見てきたタイプは、おおむね横長タイプですね。

また、名刺会社によっては会社の業種によってジャンル分けしている所も有ります。それぞれの業種によって適切なデザインが有るという考え方によるものです。また、名刺によってはカラー印刷がされるタイプも有ります。しかし、わざとモノクロにするのも一つの作戦なのです。

配色を考える事はポップなデザインを演出したり、強調したい箇所の色を変えるなどのテクニックとしては確かに有効です。しかし、モノクロ印刷にしてみるとクールな感覚を相手に与える事も可能なのです。このため、モノクロ印刷タイプというテンプレートも存在してきます。

なお、ここに書いた事はあくまでも一例に過ぎません。名刺会社によって、テンプレートはそれぞれ異なってジャンル分けされているというわけです。ある程度パターンを覚えておくと、相手の名刺のデザインの選別眼も養われるものです。名刺を作成する時に限らず、幾つか覚えておくと実務にも役に立つものです。

 

名刺を整理する方法について

沢山名刺が集まったら整理を行うようにしてください。整理をすることによって名簿のように活用することができます。いざというときに非常に役立ちます。

名刺専用のホルダーがありますのでそれを使ってみてください。これは名刺にパンチで穴を開けてそれをホルダーに入れて使います。そしてあいうえお順に見出しなどをつけておくことによってより見やすくすることができるのです。

そしてもう一つ名刺を整理する方法があります。それはパソコンとスキャナを使った整理方法です。スキャナで名刺を取り込んでパソコンで管理をします。いちいち打ち込むのは非常に面倒なな作業ですが、スキャナで取りこみをすることによってその手間を省くことができるのです。印刷されている文字が全て読み込まれてテキストに変換されるのです。人間が打ち込みをするのとは違って打ち間違いなどもありません。メールアドレスなどを打ち込みするときの苦労をかなり軽減してくれるのでスキャナとパソコンを使った管理もお奨めです。これで年賀状やお知らせなどを送りやすくすることができます。名刺はただもらっただけでは意味がありません。ちゃんと整理をするからこそ使いやすいツールとなるのです。

 

 

ペット名刺で楽しく我が家のペットを紹介

うちの子が一番かわいいと思うのは度の飼い主さんでも同じです。うちの家族の一員となっているこの子が一番かわいいと感じているでしょう。そんなかわいい今のペットを、名刺の中に写真として残しておけるというのもペット名刺の素敵なところです。

ポップペット名刺の種類は多数あり、例えば、ブラックレースでちょっと大人っぽいものや、お菓子を連想するようなかわいくてキュートな名刺、また写真がとても生える背景が無地のシンプルな名刺も魅力的です。

ペット名刺飼い主さん同士のコミュニケーションにも利用できますし、お子様がお友達に自分のペットを紹介するときにも利用できます。ドッグランなどに行ったときなど、知り合いになった方に、我が家の自慢の愛犬をペット名刺で覚えてもらうという事でもいいでしょう。

ペット名刺は手作りする名刺とは違い、インターネット等で作るものは本格的なものです。プロが作る名刺となるので、自慢の一品となります。様々な種類の中からペットが一番輝く名刺を選んで作ってみてください。

 

名刺の水玉模様は配色次第で多く変化する

水玉模様の名刺は、女性に用いられる事が多いです。基本的に名刺の下地の色は自由に選べますので、配色次第ではとても可愛らしい印象を与える事が可能なのです。例えば、下地がピンク色で水玉模様の水玉が白色のケースです。やはりピンク色へのイメージなどにより、全体的に可愛らしい印象を与える事が可能です。

名刺の表面にはあなたの名前を印字して、裏面に会社情報を載せるパターンが多いです。何もピンクに限りません。下地が黒で水玉が白色の配色も非常に可愛らしく見えるものです。さらに、ピンク色のラインを入れると可愛らしさが際立って見えるものです。

では、水玉模様は女性だけが用いるべきなのでしょうか。実は男性向けの水玉模様も有ります。

ある名刺などは、名刺の上部8割は水玉模様が占めています。下地は白色です。しかし、水玉の色が上から下に移るにつれて徐々に変化していきます。上の方の水玉は青系統で、下に進むにつれて緑色になります。真ん中辺りで黄色になり、さらに下に進むとオレンジ色になります。最終的には赤になります。このようなタイプは、どちらかというと男性向けの印象が強いですね。

名刺の水玉模様といっても、このように配色次第で相手に与える印象は大きく変わるのです。

 

名刺のデザインはいろいろ

名刺といえば昔は、ほとんど同じようなデザインばかりでしたが、最近は、いろいろなデザインのものが増えていますね。オーソドックスなデザインといえばやはり縦用紙に縦書きで、基本モノクロで、せいぜいマークだけに色が入っている程度のものでしょう。

凝ったデザインのものは何となく横用紙に横書きのものが多いような気がします。また、小ロット印刷も発達していくつかのデザインを場合によって使い分けている人や会社もあるようです。

たとえば、役所、銀行など堅めのお客様では、縦用紙縦書きのオーソドックスなものを使い、自社をよりアピールしたい場では、凝ったデザインで色刷りのものを使うといった具合です。

プリンターや用紙も発達しているので作成も印刷業者に頼まずに自分で作るという会社も増えているようです。我が社も昨年までは自社内で作成していました。内作の良いところは、記載内容に融通が利く。少部数で作れる。費用が安くなる。などがあげられますが、わがままな要望が増える。場合によっては割高になる。などのよくない面もあります。

我が社の場合は、人数が増えてきて、担当者の負担が大きくなってきたので印刷業者に委託することにしました。いずれにしても自社らしさをきちんと伝えるツールとして活用できる名刺がよいですね。

ペット名刺はインターネットで気軽に購入

パソコン色々な商品を購入できるようになったのもインターネットの普及があったからこそですが、ペット名刺もインターネットで購入できます。専門サイトもありますので、お好きなサイトからぜひ、ペット名刺をご覧になってください。素敵なペット名刺が多数並んでいて思わず作ってみたくなります。

ペット名刺の注文は簡単で、注文を行う前にペットの写真を準備し、どの写真を名刺に利用するかを決めます。次に、ペット名刺を作ることができるサイトに行って、どのデザインにするかを選択して注文フォームに数量や色、支払方法や到着希望日などを入れます。これはサイトによって違いがありますので、それぞれ必要事項を記入します。

利用する写真を選択して注文フォームに必要箇所に保存して最終確認を行ってクリックします。クリックすると注文確認メールが届きます。その後、印刷見本画面などがメールで送られてきます。1日から2日くらいでデザインした見本画像が送られてきます。修正個所や変更、追加などがあればそこで修正します。修正などは通常無料です。これも確認しておきましょう。

最終確認が終わったら印刷に入ります。修正等が必要ないと思ったら最終的な注文を行い、通常、デザイン確定から5営業日くらいで到着します。

 

インターネットの活用で名刺を作成

クリエイターの方や、個人で会社を経営されている方は自分で好きな名刺を持つ事が出来ますが、実際にデザインを考えるとなると大変です。絵を描く仕事をされている方は自分で絵を描きデザインが出来ますが、絵が上手に掻けるという人は実際には少ないです。

ではどのようにしてオリジナルの名刺を作成すればいいのでしょうか。オススメの方法はインターネットを活用し、名刺を作成する事です。インターネットを活用するとオリジナルな構図と絵を業者さんに依頼する事が出来ます。

デザイン料金は必要になる場合がありますがそこまで高額な値段ではないです。

そして名刺を印刷する枚数によって値段が変ってくるので、仕事の状況や、必要な枚数を把握し発注してみましょう。

また、インターネットで活躍されているイラストレーターさに絵を依頼し、そのデータから名刺を作成出来る業者さんもあります。デザインは全て自分で行い印刷だけをお願いするという方法もあります。

 

名刺印刷は安くて綺麗にできます。自分の良いアピールにもなります。

会社の営業などで名刺を使う人は多いです。普通の人は携帯で情報を交換する人が多いです。学校などの連絡網がなくて大量に配るのが必要で作るお母さんたちもいます。何かのイベントで自分のアピールとして配る人もいます。そういう場合は携帯でいちいち情報交換するよりは楽なのです。

名刺を自分で作る人は多いです手作りで自分の好きなように作る人もいます。パソコンで作る人も多いです。パソコンが使えなくて手作りも面倒と感じる人は業者に頼みます。ネットで検索するといろいろな業者がでてきます。格安でも十分綺麗に印刷できます。

値段で決めて頼んだら外国の業者だったという事もよくある話です。日本語でサイトが作ってあれば分からないものなのです。それでも安上がりで綺麗にできるのにこした事はないのです。

名刺もデザイン的におしゃれな物が増えてきています。印象に残っていいと思います。第一印象が大事だとも言われています。名刺も最初にあった時に交換するので第一印象につながるのです。